国民民主党の玉木雄一郎代表が2日、X(旧ツイッター)を更新。長崎市で予定していた街頭演説を中止したことを伝え、謝罪した。

玉木氏は2日午後4時から長崎市で演説を予定していたがこの日、24年度予算案をめぐり、衆院予算委員会で異例の土曜日での集中審議が行われた。玉木氏はXで「お詫びとお知らせ」と切りだし「本日、長崎県に伺う予定でしたが、国会が混乱したため中止となりました。申し訳ありません。あらためて日程調整して伺います」とポストした。

玉木氏の投稿にユーザーからは「さすがに仕方ないと思います」「また落ち着いたら来てください」「あのフィリバスター演説の影響が」などの声が上がった。

24年度予算案をめぐって、1日の衆院本会議では与野党の攻防が激化。立憲民主党の山井和則国対筆頭副委員長が、小野寺五典衆院予算委員長(自民党)に対する解任決議案の趣旨弁明演説を2時間54分行った。「フィリバスター」と呼ばれる議事進行を遅らせる戦術をとり、衆院では記録が残る1972年以降最長となった。

与党は23年度内の成立を確実にするため、2日中の衆院通過を目指す。立憲民主党は小野寺氏の解任決議案や鈴木俊一財務相に対する不信任決議案を衆院に提出して徹底抗戦した。