国内外マイルG1制覇を目指すセリフォス(牡4、中内田)は初めてのシャティンの芝を踏み締め、うなるような動きを見せた。

重戦車のような迫力あるボディーを揺らし、ラスト2ハロン23秒3を楽々計時。騎乗した川田騎手も「前走(マイルCS8着)を使って格段に良くなったと感じられる内容で、とてもいい雰囲気で当日を迎えてくれるだろうと思います」と巻き返しムードだ。