神が降り立つ地、神降地―。とも言われる、上高地。長野県松本市の西部、標高約1500メートルにあるリゾート地です。「風景の名勝」として国の特別天然記念物にも指定されています。その貴重な自然環境を保護するため、マイカーでは入れません。上高地は神聖な、とても大切に守られた場所です。


 バスで向かう上高地への規制口の手前に、豪快な景色があります。山肌全てが地滑り。群を抜く湧水量のアルプス、よく見ると斜面に何本もの水の流れがあります。もちろん去年、一昨年の話ではありません。何十年、何百年、何千年も昔から、ここはこうなのか。時間軸のスケールを想像すると、身震いします。


圧巻の景色にバス内から「おーっ」と歓声が
圧巻の景色にバス内から「おーっ」と歓声が

 トンネルを抜け、上高地エリアに入ると有名な大正池が見えます。揺らぎ1つない湖面に映る穂高連峰。実はこの写真、バス内から窓を開けずに撮っています。どれだけ空気が澄んでいるんだ。こんなにきれいに撮れて、我ながら驚いています。


下の画像はタップすると拡大します

  • 早朝の大正池には波1つありません
早朝の大正池には波1つありません

 素材が抜群なので、いくら私の腕が悪くてもきれいに撮れる上高地。特に森の遊歩道は、本当に神が降臨したのではと思うほど、神聖な空気を感じます。


森の遊歩道には光が差し込みます
森の遊歩道には光が差し込みます
上高地を流れる梓川は見事な水色
上高地を流れる梓川は見事な水色

 

上高地といえば、この河童橋と穂高連峰のコンビですね。


河童橋と穂高連峰
河童橋と穂高連峰

 訪れたのはゴールデンウィークでした。渋滞を恐れた私は滞在2時間で帰りのバスに乗りましたが、せめて半日はいたかった、酸素の濃い上高地。なお5月上旬はまだ、ちょっとした防寒具が必要です。【金子B】


「上高地」へ行くには?

 中央道・松本ICから約35キロ。通常なら1時間弱でバス発着所の沢渡(さわんど)へ着きます。ただし一本道のため、ハイシーズンには往路、復路とも壮絶な渋滞になることがあるようで要注意。また、山地に入ってからは小さいカーブの連続。山肌で絶えずハンドルを左右に動かさねばならないエリアもあり、繊細な運転が必要です。沢渡地区からは20分に1本くらいの間隔で上高地へのバスが運行。約30分で上高地に着きます。岐阜県高山市側から上ってきた平湯地区からもシャトルバスが出ています。


Wonderful View NO.8 “Kamikochi”

Kamikochi is one of the most popular mountain resort in Japan. You cannot go there by a private car for nature conservation. It is designated a Special Natural Monument of Japan. I think, it is the best place to be refreshed in nature.

[DATA]

Address:Azumi-kamikochi, Matsumoto-shi, Nagano-ken

Access:35km from Chuo Expressway, Matsumoto IC (to Sawando Bus terminal)

30 min from Sawando Bus terminal

Parking:For over 1000 cars(in total)