都心部でも秋を感じる日が増えて来たが、山間部では一層、ひやっとする秋風を感じる。人間にとって食欲の秋だが、ヘラブナにとっても同じこと。活発な餌追いを期待して先日、奈良県奈良市の「布目ダム」へ、所属する釣りクラブ「レジェンド」の例会で釣行した。朝はポイント選びに失敗し、出遅れたが、釜淵橋の下に移動してから餌のタッチ、釣り方がはまり、32~36・5センチを12匹食わせ、ダムヘラの豪快な引きを堪能した。2匹長寸を競った例会でも37・5、35・5センチの73センチで優勝することができた。【日刊FPC・土屋直人】

例会のルールは2匹の長寸勝負。雨が降る中、午前6時ごろ、前日の下見で大型のヘラが群れをなしていた下流のコスモス公園というポイントに入った。だが、大型の気配はまったくなし。18尺の竿で2メートルのタナを角麩(ふ)のセット釣りで狙うが時折、出る反応はブルーギルやニゴイ。そんな状況が2時間ほど続いたため、意を決してポイントを移動することにした。

次に入ったのは中流にある釜淵橋の下。ここは護岸され、水深がある人気ポイントで、常に餌打ちされているので魚影が濃い。足元からドン深のため、15尺竿いっぱいのチョウチンの棚を角麩のセットで狙う。

午前11時ごろから再開し、出遅れに焦りながらも500円玉大の餌をしっかりと針に付け、タナにヘラを寄せていく。すると開始15分、エサの落下中にフワフワとサワリが出て、ウキがスパーッと水中へ。合わせると穂先が水面に突き刺さる。ギュンギュンと糸鳴りする強い引きをみせたのは35・5センチの美ベラだった。

場所替わりが功を奏した1匹に思わずにんまり。エサ打ちを再開すると5分ほどで、同じような豪快なアタリがきて32・2センチを追加した。しかし、流れが出だすとアタリが無くなってしまう。それならと、流れの上手に仕掛けを投入。ウキが正面から少し下手に流れれば餌切りをし、同じ位置に餌をためていく。

この対応で再びウキが動きだし、3匹目を追加。その後も1匹釣れば、しっかりと寄せを繰り返して食いをつなぐ。そんな中、周りの状況を聞くと隣のメンバーが朝イチに40・5センチを釣っており、優勝を狙っているが、2匹目が釣れておらず、焦っている様子。なかなかの緊張感だ。

自分のウキは時間の経過とともにサワリからのアタリがきれいに出だし、確実に釣り方が合っている。ボソ感、バラケ性の高い餌なので通常よりも大きく、そして硬く作り、タナまで持つように調整して釣っていくのが正解だった。

そしてラスト15分、チッと弱くウキが入り、半信半疑で合わせると両手で耐えるほどの突っ込みをみせる。竿の胴でためながら慎重に寄せたのは37・5センチ。出来すぎのフィニッシュで結局、37・5、35・5センチをそろえて優勝。絶好のロケーションに癒やされながら野ベラの強烈な引きを堪能し、充実した釣行だった。

◆フィールドメモ 布目ダムは都心から1時間弱という好立地で、カフェや公園などもあり、しっかりと管理されていて人気が高い。また、漁協が定期的にヘラブナの放流(2~3トン)をしており、足場も良くてヘラ釣りをする環境が整っている。ポイントとしては釜淵橋対岸、釣具屋下、ジャカゴもお薦め。ボート(船外機不可)の持ち込みも可能でマイポイントの開拓をするのも面白い。ニジマスやコイ、ブラックバスも釣れる。

◆餌 バラケ「Sレッド」600cc、「バラケマッハ」200ccに水200ccを加え、40回ほど混ぜて5分ほど放置したもの。クワセは「一発(極小)」。

【問い合わせ】布目川漁業協同組合【電話】0743・86・0055。遊漁券は日券1000円(現場売りは500円増し)、年券は5000円。釣り時間は日の出から日没。 

【交通】名阪国道の小倉ICを出て県道127号を北上。県道80号に出たら左折し、布目ダムへ。

【今後の見通し】秋が深まると冬へ向けて栄養を蓄えるためにヘラの食いが上向くと思われる。混雑していなければ10月中旬までは両ダンゴで、それ以降は深場ポイントでの15尺以上の竿を使ったセット釣りがお薦め。10月以降は大型も出るので楽しみ。