野球の国から 平成野球史

唐川侑己 誰?と思われないよう/平成元年生まれ4

  • TL

2008年(平20)4月26日、平成元年生まれのプロ野球選手が初めて勝利投手になった。当時18歳のロッテ唐川侑己投手(29)はソフトバンク戦(福岡ヤフードーム、当時)で7回を3安打5奪三振無失点に抑え、初登板初勝利と華々しくデビュー。完投勝利、完封勝利も「平成生まれ初」の記録を持つ。いよいよ幕を閉じる平成。今季はセットアッパーとして8回を任される物静かな右腕が語った。

08年4月、ロッテ唐川はプロ初先発で初勝利を挙げバレンタイン監督から祝福される
08年4月、ロッテ唐川はプロ初先発で初勝利を挙げバレンタイン監督から祝福される

      ◇       ◇

印象に残っている試合は、やっぱり初勝利。すごく緊張した記憶と、今までテレビで見ていた人たちと対戦している高揚感。初三振が先頭の川崎さんで、松中さんや小久保さんがいて。ずっとふわふわした感じでした。家族がすごく喜んでましたね。お父さんが一番喜んでくれたんじゃないかな。使ってくれたボビーに感謝してます。

平成生まれとして注目されて。でも特に何も感じてなかった。1個上に早生まれの人いなかったんだ、くらい。「ビッグ3」も、その2人の中に入れてくれるなと思ってました。片や甲子園で150キロ超を出して(佐藤由規)、中田も高校通算何十本もホームラン打ってて。2人とも有名で、名門校で、同じくらいの力があるとは思わなかった。当然ね、負けたくないっていう気持ちはあったと思いますけど。それよりも一緒に並べてくれるなと(笑い)。

小さいころから近くで見ていて、成田高校には自然に入るものと思ってました。ターニングポイントは高1の夏休み。中学までって何となく野球、やるじゃないですか。楽しいし。夏に負けて新チームになって、練習試合で東海大相模にめちゃくちゃに打たれたんです。挫折っていうか、悔しくて。うまくなりたいと思って、ちゃんと野球をやるようになった。その時の相模には田中大二郎さん(巨人スコアラー)や田中広輔(広島)がいました。

プロ1年目の時、負けて結構引きずってたことがあって。清水直行さんに言われたのが「悔しがってもいいけど、落ち込む必要はない。その姿を他に見せるな」。なるほどって思ったんですよ。

高校卒業して初めて、負けても次がある試合をしていた。だから納得したというか。18歳の少年が、当時のエースの人に掛けてもらった言葉は支えになりました。考え方が分からないと、ぐらぐらするじゃないですか。「次があるから」って、切り替える方向に最大限のベクトルを向けられるようになった。とはいえ、伊東監督の時(15年)、開幕1軍に入ったのに1試合投げてすぐ抹消されたことがあって。その時は悔しいし情けないしで…言い出したらきりないですけどね。

ずっと先発をやってきたので、今のポジション(8回)は想像してませんでした。大丈夫かなと。でも去年の8月、井口監督が直接「中継ぎで」と言いに来てくれたんで、やってみようって。先発だと1週間のうち6日間、気を抜いてても1日にガッと出せばいい。それが毎日なんで、試合に入ることが非日常から日常になった感じですね。より自分でオン、オフを付けないといけなくなりました。

年下も増えて、今年で30歳。人が劇的に変わることはないと思うので、積み重ねを大事に、地に足着けてやっていくことが大事と思います。長くはやりたいですね。若い時はそんなの思ったこともないですけど、プロ生活も10年超えて、いろんな人を見るようになってから、できるだけ長くと思うようになりました。

いつか令和元年生まれの初勝利が出たら、平成の時は唐川だったって名前が出る。その時、なるべく「誰これ?」ってならないように、頑張るしかないですね。少しでも多くの人に「ああ、あの唐川ね」って思ってもらえるように。(千葉ロッテマリーンズ投手)

長期連載「野球の国から」の新シリーズ「平成野球史」を、新元号となる5月まで送ります。時代を変えた野球人、時代を彩った名勝負、時代を揺るがした事件。「平成」を深掘りして考察します。

  • TL

おすすめ情報PR

野球ニュースランキング

    更新