聖光学院・佐藤銀時、熱い心で決勝へ誓い/東北大会

  • 決勝戦を前に練習を行う聖光学院・佐藤銀時(撮影・野上伸悟)

同じ東北でも、楽天のギンジは銀次、聖光のギンジは銀時だ!

12日の夏季東北地区高校野球大会決勝で、仙台育英(宮城)と対戦する聖光学院(福島)にあって、ひときわ大きな声でチームを盛り上げているのが8番を打つ佐藤銀時三塁手(3年)だ。福島県郡山市出身。「子どもの頃から強い聖光に憧れ、甲子園に行きたいと思っていた。甲子園で大逆転する姿とかを見ていて、人間的にも成長できると思った」と臆することなく、全国から猛者が集まる名門に飛び込んだ。

「よく字を銀次さんと間違えられますけど、すぐに覚えてもらえるので気に入っています」。1月生まれで雪の「銀世界」から名付けられたが、心は誰よりも熱い。「バッティングも守備も自分はうまくない。でも声なら誰でも出せる。誰よりも熱く鼓舞して、チームに力を与えたい。試合が終わったら声が出せないくらいエネルギーを出そうと意識してきた。その結果、打撃も守備もよくなっていった」とレギュラーをつかんだ。

最後の夏、銀傘で有名な甲子園には行けなかったが、東北大会を集大成の舞台にする。「自分の泥くさいヒットでチームにエネルギーを与えられたら。決勝ではザ・聖光という野球がしたい」。狙うはもちろん、金メダルだ。【野上伸悟】