大谷 エンゼルスタジアムの試合中止は4年ぶり

22日(日本時間23日)に行われる予定だった「エンゼルス-ツインズ」は、降雨の影響によるグラウンドコンディション不良のため、中止となった。

大谷翔平投手(24)は、休養のため、スタメンから外れ、代打待機していた。

代替日は23日(同24日午前5時開始予定)と発表された。

この日のアナハイム地方は、同地区では珍しく、夕刻から激しい雷雨に見舞われた。試合開始予定だった午後6時までに降りやみ、その後、晴れ間も見えたが、両球団が話し合った結果、中止が決定した。

エンゼルスタジアムの試合が中止となるのは、2015年7月19日以来、4年ぶり。

その他の写真

  • エンゼルス対ツインズ戦の試合前、雨が降り続き外野にできた水たまり(撮影・菅敏)