GM、手術受けたマー君期待「成功する1年に」

ポストシーズン敗退後、右肘のクリーニング手術を受けたヤンキース田中将大投手の経過について、キャッシュマンGMが良好であることを明かした。

「マイナーな手術だが、注意深く見守りたい。春季キャンプまで順調に進んで、例年通り成功する1年になってほしい」。左腕サバシアが引退し、剛腕コール(アストロズFA)の獲得を目指す一方で「我々の先発ローテは強い」と自信をのぞかせた。