クルバー獲得にレンジャーズGM「ためらいなし」

レンジャーズは15日、インディアンスとの2対1の交換トレードでコリー・クルバー投手(33)の加入を発表。ケガにより今季の大半を棒に振った同投手だが、ジョン・ダニエルズGMは獲得にためらいはなかったと述べた。MLB公式サイトが伝えている。

クルバーは5月1日の試合で右前腕を骨折。8月には復帰に近づいたが、腹斜筋を痛めてそのチャンスを逸し、結局戻ることはなかった。

ダニエルズGMはクルバーについて「今季はケガのせいでほぼ失われた1年となったが、だからといって、われわれは必ずしも躊躇(ちゅうちょ)する必要はないと思った。災い転じて福となすとも言うし、ある意味、離脱は彼にとって良かったのかもしれない。過去2シーズン、非常に多くのイニングを投げてきたのだからね」と語った。

クルバーは今後、マイク・マイナー投手、ランス・リン投手、カイル・ギブソン投手、ジョーダン・ライルズ投手とローテーションを形成することに。ダニエルズGMは「非常にいい構成だ。彼らは実績も経歴も十分。質的にも量的にも素晴らしいイニングを披露する機会があるだろう」と述べ、サイ・ヤング賞2度受賞のクルバーが加わった先発陣に期待を寄せた。