元メッツのライト氏、まだ監督業に関心なし

長年にわたりメッツで三塁手として活躍したデービッド・ライト氏は、まだ監督業には関心がないという。MLB公式サイトが報じている。

ライト氏は2004年から2018年の現役引退までメッツでプレー。引退後、メッツの特別アドバイザーに就任した。

メッツの新監督候補には、球団内部からはルイス・ロハス・コーチ、ヘンスリー・ミューレンス・コーチらの名前が挙がっている。