筒香、日本人対決へ「次が楽しみな勝負を一番願う」

  • 大阪府内のグラウンドで自主トレを公開したレイズの筒香嘉智は練習後、記者の囲み取材を受ける(撮影・白石智彦)
  • 大阪府内のグラウンドで自主トレを公開したレイズの筒香嘉智は、室内練習場でノックを受けて汗を流す(撮影・白石智彦)

DeNAからポスティング制度でレイズに移籍した筒香嘉智外野手(28)が23日、大阪府内で自主トレを公開した。年明け後は7日から本格的にトレーニングを開始し、エクササイズを中心に、打撃、守備の練習を続けている。ア・リーグ東地区はヤンキース田中、ブルージェイズ入りした山口らとの日本人対決が繰り広げられる。「見てる人がワクワクするような」勝負に向けて、焦らず、慌てず、冷静に準備を進める。

  ◇    ◇    ◇

無表情のままスイングを繰り返した。力みもなく、まさに自然体の姿を堂々とさらけ出した。室内練習場で10分足らずの打撃のみを公開。多種多様なトレーニングの全容を公開するのは不可能に近く「焦らず、冷静に、1個1個、自分の中にある優先順位を1つ1つつぶしていきたいなと思います」と説明した。

独特の言い回しは、注目が集まる対戦についても同じだった。同じア・リーグ東地区のヤ軍田中、ブ軍山口俊以外にも、交流戦などでダルビッシュ、前田、菊池、大谷ら日本人投手との対戦が待ち受ける。「ワクワクするような、次の対戦が楽しみになるような勝負になることを一番、願っている」と日本のファンを意識。さらに「向こうで長年やっている方々と対戦すれば、何か気付いて感じるものは大きいと思う。そこで勉強して、成長していきたいと思う」と特別な対戦と位置づけた。

2月18日にはフロリダ州ポートシャーロットでキャンプイン。主戦場を米国に移すも「体を思うように、うまく扱えるようにやっています。テーマは毎年変わらない」と午前中は別の場所で独自のトレーニングで調整した。環境、状況とも日々新しいことだらけの生活が始まる。「自分が想像、イメージしたことがないことが多々起こると思う。できる限りやり尽くして、日々起こることに対応しながら、最大限を尽くしてやっていきたい」。大海原への航海に胸を高ぶらせた。【為田聡史】