珍打…日本ハム近藤センターゴロが決勝の2点打

<オリックス1-6日本ハム>◇25日◇京セラドーム大阪

日本ハムは「センターゴロ2点打」が決勝打になった。

3回1死満塁、近藤健介外野手の打球は中堅手が1度は捕球も、こぼしてフェンスに当たり落球。その間に2点を挙げた。捕球されたと勘違いした一塁走者の大田泰示外野手は戻ってしまい、二塁にボールが転送されて中ゴロが成立した。

野球人生初の中ゴロという近藤は「いい形で、試合も優位に進められて良かった」。大田も「ベストは(塁を)進んでおきたかった。1つのアウトで2点取れたのは大きかった」と、うなずいた。

その他の写真

  • オリックス対日本ハム 3回表日本ハム1死満塁、近藤健介は2点先制の中ゴロを放ち、一塁走者の大田泰示は一二塁間でアウトとなり説明を聞く栗山英樹監督(中央)(撮影・白石智彦)