ロッテ荻野が腰痛で登録抹消 1日に違和感で欠場

ロッテ荻野貴司外野手(33)が2日、腰痛で登録を抹消された。1日のオリックス21回戦(ZOZOマリン)の試合前練習で違和感を訴え、欠場していた。

井口監督は「10日ということを考えると(13日からの)西武戦で上げられるので、そこに照準を合わせてやってほしい」と説明した。荻野は10年目の今季、ここまで大きなケガもなく、シーズン規定打席に達するなど、キャリアハイの成績を収めている。