オリックス吉田正尚が初首位打者へ意欲 9月絶好調

オリックス吉田正尚外野手が自身初の首位打者獲得へ意欲を示した。現在はリーグ2位の打率3割3分3厘で、首位を独走していた西武森の3割3分9厘に迫ってきた。

吉田正は「全てでタイトル争いをすることはシーズン前から言っていたことなので」と闘志を燃やした。9月は絶好調で月間打率4割3分8厘、4本塁打、9打点をマーク。シーズン残り15試合、好調の主砲がバットでチームを押し上げる。