ロッテ・マーティン2打席連発、頭部強打の影響なし

<ロッテ6-4オリックス>◇11日◇ZOZOマリン

ロッテのレオネス・マーティン外野手(31)が来日初の2打席連続アーチを放った。

まずは3点を先制された直後の2回無死一塁。フルカウントから張奕の外角138キロを弾丸ライナーで右翼ラグーン席へ。2試合連続の13号2ランに「いつも通りボールを見て、しっかりと自分のスイングをしたよ。昨日の影響? 全然問題ないよ」。10日の日本ハム戦での右翼守備で、頭部を強打し途中交代した不安を拭い去る一発を放った。チームはこの回4点を奪い、逆転に成功した。

3回2死の第2打席は、山田の初球、内角138キロを迷わずフルスイング。高々と上がった打球は右翼席中段へ吸いこまれる14号ソロ。貴重な追加点となった。

その他の写真

  • ロッテ対オリックス 2回裏ロッテ無死一塁、マーティンは右越え2点本塁打を放つ(撮影・滝沢徹郎)
  • ロッテ対オリックス 3回裏ロッテ2死、2打席連続の右越えソロ本塁打を放ったマーティンは生還しポーズを決める(撮影・滝沢徹郎)