田中賢介氏が北海道の被災地支援を継続、恩返し誓う

日本ハムでプレーした今季限りで現役引退した田中賢介氏(38)が、北海道胆振東部地震の被災地の継続支援を約束した。

20日、応援大使を務めるむかわ町を渡辺諒内野手(24)とともに訪問。昨年9月6日に甚大な被害を受けた同町を初めて訪れた田中賢氏は「支援は継続的にやっていくことが大事。できることがあれば、やっていきたい」とユニホームを脱いでも、北海道のために力を尽くしていくことを宣言した。

道中では、仮設店舗で営業を続ける地元商店にも足を運んだ。春のセンバツに3度出場経験がある鵡川高野球部の仮設寮も目に焼き付けた。「何かしらで貢献、恩返しができたら」と思案している。地元名産のししゃもにも舌鼓を打ち、復興を願う思いも、さらに高まったようだ。「これから、こういう機会が増えると思う。たくさんの人にお会いできたら。(むかわ町には)プライベートでも来たい。おいしいししゃもも、いただきましたしね」と振り返った。

地元の小中学校も訪れて、子どもたちの元気な姿をうれしそうに見つめた。町民からは引退を惜しむ声も多かった。「街の方はすごく元気で、逆にパワーをもらった」と笑みを浮かべっぱなしの1日。「復興という意味でも、最後に(応援大使として)この場所に来られたのは感慨深いものがあります」。北海道移転後を代表するレジェンドOBとして、これからも北の大地を元気に明るく照らしていく。【木下大輔】

○…田中賢氏が将来の日本ハム監督就任を熱望!? 小中学生から「監督をやりたいか? 」という質問が投げかけられた。「そういう仕事もいつかできたらいいなと思う。もしやるのだったらファイターズ以外考えられない。ファイターズを強くしたいです」と話した。また、現役を終えた今やりたいことは「スキーやスケートなどのウインタースポーツです」と明かした。

○…渡辺が、むかわ町で忘れられない思い出を作った。同町名産のししゃもを口をアーンとする田中賢に食べさせた。「一生の思い出になりました」と笑顔。尊敬する大先輩と一緒に1日をともにして「賢介さんみたいに何十年も続けて結果を出せるように、頑張りたい」と二塁レギュラー定着を本人の前で誓った。

その他の写真

  • 応援大使でむかわ中央小学校を訪れ笑顔で生徒たちとキャッチボールをする日本ハム田中賢(撮影・佐藤翔太)
  • 応援大使でむかわ町を訪れ名産のししゃもを笑顔でほおばる日本ハム渡辺(左)と田中賢(撮影・佐藤翔太)