ヤクルト高橋奎二「フォームが安定」尻回り2cm増

斎藤投手コーチ、ズボンがサイズアップしました! 先発ローテ入りを狙うヤクルト高橋奎二投手が自主トレで4度目のブルペン入り。

今オフは下半身強化に取り組み、尻回りは2センチ増の101センチに。太ももも太くなり、昨年10月に新調したスーツのズボンは「パツパツで、すぐ直してもらいました」。斎藤コーチから課せられた「デニムを1サイズ上げる」目標に近づいた左腕。「体幹が強くなってフォームも安定した。下半身で投げられている感じがある」と手応えを口にした。