ヤクルト2位吉田大喜快投 母校に贈った物とは

  • 5回表を終え、ホッとした表情で引き揚げる吉田喜(撮影・狩俣裕三)

<オープン戦:ヤクルト6-7広島>◇22日◇ANA BALLPARK浦添

ヤクルトのドラフト2位吉田大喜投手(22=日体大)が、初実戦で持ち味を発揮した。オープン戦チーム開幕の広島戦(浦添)に2番手として登板し、2回を完璧に抑えて先発ローテーション入りへアピール。「持っている力を出そうと思っていた。ある程度は、出せたかな」と話した。

広島が誇る主軸を、制球力で抑えた。4番鈴木誠には初球に145キロの高め直球でファウル。カウント1-1から111キロのストライクゾーンいっぱいの低めカーブで三ゴロに仕留めた。3番からの打順を3者凡退で抑え、高津監督は「スピードも出ていたし、高さも制球も良かった。長いイニング、多い球数をこなしていってほしい」と期待を寄せた。

相手の先発は、大学日本代表でともに戦った同学年のドラフト1位森下。前日には連絡を取り合い、健闘を誓った。直接言葉を交わすことはなかったが、マウンドで投げる森下の姿を見て「いい投手だな」と改めて思ったが「自分は自分」と言い聞かせた。

この日は、沖縄でキャンプを行っていた日体大の後輩、約50人が観戦に訪れた。古城監督は「落ち着いていて、彼らしいピッチングだった」と目を細めた。ちょうど前日、横浜市内の日体大横浜・健志台キャンパスにある球場に、スピード測定器が設置された。吉田喜が契約金から「ウン百万円」をかけて贈ったものだ。「後輩たちが、少しでもいい球を投げてくれたら」と先輩としての誇りをかけてプロの世界で戦う。【保坂恭子】