楽天弓削開幕ローテ入りへ貪欲 あす西武戦先発

  • 3日、オープン戦のDeNA戦で登板した楽天弓削

開幕ローテ入りを狙う2年目の楽天弓削隼人投手(25)が、東北への思いも胸に左腕を振る。9日、静岡・草薙球場での投手練習に参加。明日11日の西武戦(静岡)でオープン戦初先発を予定しており「先発でやることが1つの目標。貪欲に狙っていきたい」と鼻息を荒くした。

次回登板日で、東日本大震災から9年を迎える。栃木・佐野市出身の左腕は11年当時16歳。「東北」と名の付く球団へ18年ドラフト4位で入団した。昨年1月、球団の新人研修の一環で宮城・名取市内の閖上地区を訪問。被災地の今を目の当たりにした。「被災した場所を見て、他の球団とは背負っているものが違うと思った。被災した方々に勇気づけられるようなピッチングができたら」と気持ちを高める。

昨季は初勝利を完封で決めるなど3勝をマーク。先発ローテ左腕枠の一角を期待される今季は実戦4試合で12回を2失点。防御率1・50と安定感が光る。前回登板の3日DeNA戦では5回から4イニングを無失点。「いらないヒット、四球を出してしまった。テンポよく3人で締められるように投げたい」。打球を受け右手掌打撲の松井の状態次第だが、開幕ローテは残り1枠。自らの手でグッと引き寄せる。【佐藤究】