阪急足立光宏の胆力、76年巨人下し日本一/パ伝説

  • 巨人との日本シリーズで数々の好投を見せた元阪急足立光宏氏(撮影・堀まどか)
  • 67年の日本シリーズ第4戦で巨人を相手に力投する阪急足立光宏

<復刻パ・リーグ伝説>

1960年代後半から始まった阪急ブレーブスの黄金期で、巨人との日本シリーズに無類の勝負強さを見せたのが足立光宏さん(80)だった。シリーズ通算9勝(5敗)のうち、8勝(4敗)は巨人戦。うち5勝はV9ジャイアンツから挙げた。数多い名勝負の中でも、ファンの心に残る一戦は76年第7戦。敵地・後楽園で2失点完投の力投で、巨人を倒して日本一になった。知力、胆力、投球術を兼ね備えた希代のサブマリンが決戦を振り返る。【取材・構成=堀まどか】

前へ 1 2 次へ