プロ注目法大・高田7回1失点「楽しみに待ちたい」

  • 法大対慶大 試合を終えタッチを交わす法大・高田孝(左)と鈴木(撮影・横山健太)
  • 法大対慶大 7回裏を無失点に抑えガッツポーズする法大・高田孝(撮影・横山健太)

<東京6大学野球:法大1-1慶大>◇第6週第2日◇25日◇神宮

法大・高田孝一投手(4年=平塚学園)がマイナーチェンジした投球を披露した。勝利こそ逃したが、7回を被安打4、1失点に抑えた。「パワーでなく7、8割ぐらいで、コース、高さを間違えないで投げられました」。

最速155キロの右腕がこの日は151キロ止まり。過去2試合、試合をつくれなかった反省から、丁寧な投球を心掛けたという。26日のドラフト会議については「やることはやれた。楽しみに待ちたいです」と話した。

▽法大・青木久典監督(2回に三重殺を記録したが、打線が振るわずに引き分けて)「安打数は同じで、四球はうちが多かった。勝ちそこなったかな。三重殺は送球を受けた捕手の大柿が三塁によく投げた。そこから生まれたプレーです」