大相撲裏話

元稀勢の里結い続けた床鳴、口数少ない2人に見た絆

元横綱稀勢の里の荒磯親方(33=田子ノ浦)が、9月29日に東京・両国国技館で断髪式を行った。東幕下筆頭だった17歳の04年3月春場所4日目、初の十両土俵に際し、初めて結った大銀杏(おおいちょう)。その時も、約15年半後の断髪式も、結ったのは入門当時の鳴戸部屋時代から同部屋の兄弟子、床鳴(44)だった。

9月29日、父・荻原貞彦氏にはさみを入れられ涙を拭く元横綱稀勢の里の荒磯親方(撮影・鈴木正人)
9月29日、父・荻原貞彦氏にはさみを入れられ涙を拭く元横綱稀勢の里の荒磯親方(撮影・鈴木正人)

2人は断髪式当日、開場2時間前の午前9時ごろに対面。荒磯親方からの「お世話になりました」というあいさつで始まった。互いにこみ上げる思いを封印し、そこから最後の大銀杏(おおいちょう)を結い始めた。

最後の大銀杏を結い終えて間もなく、床鳴は「さびしさとホッとした気持ちの両方。どちらが大きいのか分かりません」と、今にも泣きそうな目でほほ笑んだ。大銀杏は基本的には関取衆が結うが、それ以前の02年春場所の初土俵のころから17年半。ざんばらのころから、髪を整えてきた。触れ続けてきたからこそ「髪にもコンディションがあるので」と、断髪式当日が、決してベストな髪質ではなかったことをほのめかしながらも「納得の仕上がりです」と、まとめ上げた。

床鳴は最後の大銀杏を結う前夜、寝付けなかったという。午後11時ごろにふとんに入っても眠れず、酒を飲んで無理やり眠りについた。それでも午前5時には目が覚め、気持ちを落ち着かせようと、早朝から身支度を整えたり、部屋を掃除したり。普段通りの行動を心がけたが、時間を持て余した。「先代(元鳴戸親方=元横綱隆の里)からの教えもあって、身だしなみには厳しい方でしたから」と、最高の大銀杏に仕上げるために、はやる気持ちを抑えた。断髪式後の整髪は、静岡県三島市の美容師・小針圭一氏(52)にバトンを託した。「向こうもプロですから、特にこちらが口出しやアドバイスすることなんてありません。大銀杏を結った段階で踏ん切りはつけていますから」。

断髪式後の荒磯親方は、まげについて「力士の象徴。今日で力士卒業です」と、さみしそうに話した。床鳴も「昔は髪の量が今の2倍ほどあった。激しい稽古ですり切れて、量も少なくなって、髪質も細くなった」と、さみしそうだった。

荒磯親方にとって床鳴は、入門してからほとんど毎日、接してきた兄弟子だ。初めて勝った日も負けた日も、関取に昇進した時も、初優勝の時も、引退を決めた最後の一番も-。あらゆる時に、しかも感情が高ぶる取組の前後で接してきた。最後の大銀杏を結う前、荒磯親方から「お世話になりました」とあいさつされた床鳴が返した。「勉強させていただきました」。

口数が多いとはいえない2人だが、口に出さなくても分かり合えている信頼関係がある。家族のような絆を感じられる瞬間も、大相撲の魅力だと再認識した1日だった。【高田文太】(ニッカンスポーツ・コム/バトルコラム「大相撲裏話」)

18年9月、稀勢の里(手前)と床鳴
18年9月、稀勢の里(手前)と床鳴

取組を見るだけじゃ分からない、日刊スポーツの大相撲担当記者が土俵周辺から集めてきた「とっておきネタ」をお届けします。

おすすめ情報PR

相撲・格闘技ニュースランキング

    更新