ロドリゲス、井上に完敗認める「言い訳の余地ない」

<プロボクシング:ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)・バンタム級準決勝>◇18日◇英国・グラスゴー・SSEハイドロ

WBA世界バンタム級王者井上尚弥(26=大橋)に2回TKO負けを喫したIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(26=プエルトリコ)は完敗を認めた。

プエルトリコ紙プリメイラ・オラ電子版によると「わが同胞へ、勝利をもたらすことはできなかった。言い訳の余地はない。これまでにないトレーニングを積んできたのだから。準備は最高だった」と初黒星を悔しがった。

新たに着任したクルス・トレーナーのもと納得した練習を積んだ自信をにじませながら「敗北は誰にとっても痛いものだ。しかし、我々は止まらない。これが終わりでないのだから」と再起を誓った。

その他の写真

  • WBSSバンタム級準決勝 井上対ロドリゲス ロドリゲス(奥右)に勝利し父の真吾トレーナー(手前)と抱き合う井上(撮影・滝沢徹郎)