荒川仁人が現役引退 世界戦で黒星も脅威の粘り

ボクシングで世界挑戦経験ある荒川仁人(37=ワタナベ)が現役を引退した。日本ボクシングコミッションに9月30日付で引退届を提出した。

荒川は04年に八王子中屋ジムからプロデビューし、10年に日本ライト級、11年に東洋太平洋同級王座を獲得した。13年に米国でWBC世界同級暫定王座決定戦に出場し、オマール・フィゲロ(米国)と世界初挑戦。判定負けを喫したが、2回にダウンしながら脅威の粘りを見せ、高い評価を受けた。

14年には米国でホルヘ・リナレス(帝拳)と同王座挑戦者決定戦も判定負けした。15年にはジムを移籍し、16年には日本同級王座に返り咲いた。17年にはWBOアジア太平洋同級王座を獲得も、世界再挑戦には届かなかった。4月にウクライナで判定負けが最後の一戦となった。通算32勝(18KO)7敗2分け。