木村花さん母「ヘイトのスパイラルを止めて」と訴え

22歳で急死した女子プロレスラー木村花さんの母で元プロレスラーの木村響子さん(43)が「ヘイトのスパイラルを止めてください」と訴えた。

響子さんは31日、ツイッターを更新。「花の旅立ちをみんなで見送りました」と、花さんの葬儀が営まれたことを報告し、「本当にかわいい顔をして寝ていたのですべてが嘘みたいで実感がありませんが たくさんのひとが花のことを愛してくれていて その想いは絶対に花に届いているし だからきっと花は今 さみしくないはずです これからもずっと花を愛してあげてください」と呼びかけた。

続くツイートでは「皆さんに お願いがあります」と書き出し、「どうか 花のことでご自分を責めないでください 他の誰かを 責めないでください なにかを 恨まないでください ヘイトのスパイラルを止めてください もうこれ以上 こんなことが起こらないように 花が望んだやさしい世界に 少しでも近づけるように」と願った。

花さんは、出演したフジテレビ系の恋愛リアリティー番組「TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020」の放送内容について、SNS上などで激しく誹謗(ひぼう)中傷されていた。

花さんの死後、ネット上では同番組の出演者などに対する批判の声が上がり、番組演出の問題も指摘されている。