飯伏幸太G1連覇 蝶野、天山に続く史上3人目

  • SANADAに勝利し、マイクパフォーマンスで会場を沸かせる飯伏(撮影・河田真司)
  • SANADA(右)にカミゴェを放つ飯伏(撮影・河田真司)
  • SANADAに勝利し、蝶野(左)と写真に納まる飯伏(撮影・河田真司)

<新日本:G1クライマックス30>◇18日◇東京・両国国技館

Aブロック1位の飯伏幸太(38)が、Bブロック1位のSANADA(32)を破り、蝶野正洋、天山広吉に続く、史上3人目のG1連覇を果たした。

終盤、SANADAの猛攻を受け、ピンチの連続も、最後は得意のカミゴェを連発。G1決勝史上最長となる35分12秒、片エビ固めで勝利した。来年1月の東京ドーム大会でのIWGPヘビー級王座挑戦権を獲得し、悲願の初戴冠をファンに誓った。

    ◇   ◇   ◇

「G1男」蝶野から受け取ったトロフィーを、飯伏は両手で胸元へ抱き寄せ、おぼつかない足取りで優勝旗を掲げた。史上初の3年連続の決勝。蝶野、天山に続く連覇を果たし「僕は、逃げない、負けない、諦めない。そして裏切らなかった。体はぼろぼろだけど、めちゃくちゃうれしい」。繰り返してきた言葉に一層力を込め、勝利の味をかみしめた。

35分12秒。G1決勝史上最長の死闘だった。痛めていた左足を攻められ、SANADAのスピードに苦しんだ。終盤、カミゴェをTKOで返されると、ラウンディング・ボディープレスを背中に受け、オコーナーブリッジ(後方回転足折り固め)であわや3カウントの場面を迎えた。それでも、このピンチをどうにか回避すると、ハイキックからの膝蹴りで形勢逆転。最後はカミゴェ2連発を顔面に突き刺し、試合を決めた。

あらためて実力を証明し、進むべき道は明確となった。昨年はG1制覇も、年間最大のビッグマッチ「東京ドーム大会」でIWGPヘビー級王座獲得に失敗。再びチャンスをたぐり寄せた飯伏は「このテンションをキープして、東京ドームにつなげたい。一刻も早く、このG1をIWGPヘビー級のベルトに変えたい」と強い意欲を示した。【奥山将志】