豪栄道の後援会理事長「とうとうこの時期がきた…」

  • 引退会見をする元大関豪栄道の武隈親方(左)と境川親方(撮影・鈴木正人)

元大関豪栄道の引退に、地元の大阪・寝屋川市の後援会・久保博理事長は「率直な気持ち、寂しい。とうとうこの時期がきたんやな」と思いを口にした。

久保氏ら後援会関係者は大関を陥落しても、地元の大阪で出直してしてくれると信じていた。しかし、本人から「誠に申し訳ないです。(地元で)ぶざまな相撲を見せるわけにはいかないですから」と話があり、受け入れた。「本当に責任感が強い」と久保氏は話す。

春場所前に予定していた激励会も「形を変えておこないます」。少年時代から知る久保氏は「最初はわんぱくなガキでしたが、夢をいっぱい与えてくれた。横綱の夢だけはかなえられなかったけど、感動をいっぱいもらいました」と感謝した。