HKT田中菜津美が卒業「新しい景色を見たい」

HKT48田中菜津美(19)が15日、福岡・西鉄ホールで行われた劇場公演で、グループ卒業を発表した。来年1月11日に卒業公演を行う。

終演前に、ファンに「私、田中菜津美はHKT48を卒業します」と報告した。田中は「卒業はずっと昔から考えていた。(先月にデビュー)8周年を迎えて、8年を振り返って、もうやり残したことも後悔したことも何もないなと思って、またスタートラインに立って新しい景色をたくさん見たいなと思いました」と話した。

さらに「本当に何をやっても続かなかった私がこんなに一生懸命になれたのものは初めてで、たくさん楽しいことも悔しいこともあったけど、またみんなとは違う道で一生懸命になれるものを探したいなと思います。そしてまたみなさんと会えるように自分自身レベルアップして頑張っていきたいなと思います」と今後についても語った。

田中は、HKT48の1期生として、11年10月にお披露目され、同11月に劇場デビュー。愛称は「なつみかん」。加入当時は11歳で最年少だったが、年上メンバーや姉妹グループの先輩にも突っ込む「毒舌」キャラで鳴らした。14年2月から約1年間は、SKE48のチームSと兼任。選抜総選挙も5回目の挑戦となった第8回(16年)から89位、50位、63位とランクインした。

その他の写真

  • 11月の8周年記念公演で歌う田中菜津美(右から3人目)らHKT48の1期生メンバー