滝沢秀明引退「生半可な気持ち」排除し育成&演出へ

  • FacebookMessenger
  • TL

滝沢秀明(36)が、年内いっぱいで芸能活動を電撃引退することが12日、分かった。この日、都内で日刊スポーツなどの取材に応じた。今後は主にジャニーズJr.の育成やプロデュース業などに専念し、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(86)イズムの“後継者”としての道を歩む。活動休止中の今井翼(36)とのデュオ「タッキー&翼」の解散が決まったことで、大きな決断を下した形だ。

   ◇   ◇   ◇

滝沢と今井はそれぞれ、先月中旬から所属事務所とタッキー&翼の今後について話し合い、最終的には今月11日に直接2人で話し、デビューから丸16年となる今月10日をもって解散、という形で決まった。話し合いの中で、滝沢はジャニー氏から「Jr.の育成とかを手伝っていく、というのは1つの手だよね」と提案され、自身の今後についてじっくり考えたという。

ジャニー氏からは、タレント活動をしながら育成もしていく「プレーイングマネジャー」案を提示されたが、滝沢は自ら引退を決断した。「やるからには本気でやりたいですし、片手間になってもファンの方や後輩たちにも失礼。生半可な気持ちで人の命を扱えない。そういう甘さはこの世界にはないと思う」と理由を説明した。

滝沢は後輩からの人望が厚く、以前から「小さなジャニーさん」と呼ばれている。毎年恒例の舞台「滝沢歌舞伎」で演出を手がけ、キャストのJr.メンバーを指導するなど、“後継者”としての片りんを見せていた。「今回の話し合いを機に、やるなら本気でやりたいという強い思いに変わりました」と明かす。

引退後は、滝沢の所属先として、Jr.の出演舞台やプロデュースなどを手がけるジャニーズ事務所のグループ会社が作られ、今後のスターたちを育てていく予定。あくまでジャニー氏の「イズム」の後継者であって、社長や副社長など、ジャニーズ事務所のトップとしての立場を引き継ぐことはないという。「僕はそこの立ち位置になれる器の人間ではないので。経営はできないですから」と笑った。

タレントとしての生活は残り4カ月弱となった。現在は、WOWOWプライムで来年放送予定の主演連続ドラマ「孤高のメス」を撮影中。ニッポン放送「タッキーの滝沢電波城」については今後調整していく。2年連続で年末にディナーショーを開催しており、「今年もやりたい。タレントとしては最後のステージになると思います」と話した。

デュオの解散と、電撃的な引退劇。ファンらに衝撃が走ること必至だ。滝沢は「誰にも相談せず、自分で決めました。ジャニーさんからは『今回の決断を悲しい出来事にしたら、ユー、負けだよ。これをおめでたいことにしなきゃいけないんだよ』と言われました」と明かし、「ファンの方々には心配や悲しい感情が生まれてしまうと思うのですが、今後の自分自身の働きを見てもらって、いつか『やっぱり滝沢だよね』って思ってもらえるように頑張りたい」と話した。

「ジャニーさんがタレントのために人生をささげた経緯を見ているので、僕自身はここからジャニーさんに対して自分の人生をささげます」。数多くのスターを見いだした「ジャニーイズム」の継承は、育ての親への恩返しだ。【横山慧】

◆滝沢秀明(たきざわ・ひであき)1982年(昭57)3月29日、東京生まれ。95年にジャニーズ事務所入りし、同年フジテレビ系ドラマ「木曜の怪談」に主演。02年「タッキー&翼」でCDデビュー。05年NHK大河ドラマ「義経」で最年少主演を務めた。今年4月結成したV6三宅健とのユニット「KEN☆Tackey」も話題に。169センチ、血液型A。

このニュースの写真

  • タッキー&翼が解散することを報告するファクス
  • FacebookMessenger
  • TL