ジャニー喜多川氏死去から1年 橋本良亮が思い語る

  • 音楽朗読劇「日本文学の旅」のゲネプロに臨んだA.B.C-Z橋本良亮(中央)。左は新納慎也、右は鈴木勝秀氏(撮影・横山慧)

A.B.C-Z橋本良亮(26)が8日、東京・よみうり大手町ホールで行われた音楽朗読劇「日本文学の旅」(9日初日)のゲネプロ(公開通し稽古)前に取材に応じ、昨年7月9日に亡くなったジャニーズ事務所前社長のジャニー喜多川氏(享年87)への思いを語った。

ジャニー氏への思いを聞かれると、「明日の初日で(死去から)ちょうど1年なんですよね。絶対に、後ろのほうで見てくれていると思うので、間違いなく。ジャニーさんと会話しながら、初日を迎えたいと思います」と話した。

その上で「僕が、外出自粛明け、ジャニーズ事務所で一番最初の舞台となるので、なんで『SHOCK』や『DREAM BOYS』じゃないんだよ、って思われないように。(最初が)橋本で良かった、と言ってもらえるように頑張りたいです」と言い、笑いを誘った。「明日、舞台上で始まる前や終わった後に、お祈りさせてもらいます。ジャニーさん見ていて!」と呼びかけた。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、3月ごろから、ジャニーズ事務所所属のタレントが出演する舞台やライブ、イベントが中止となっていた。外出自粛期間があけて以降、ジャニーズでは初の舞台上演となる。橋本は「ジャニーズでは自粛明け初舞台ということで。もちろんすごいプレッシャーもあります」と明かした。

その上で「最初は『A.B.C-Zのセンターとして先陣を切ってやろうと思っていたんですけど、ここ最近は実感が湧いてきて『ジャニーズ事務所トップバッターとしていけるぞ!』と思っています。それくらい、皆さんを笑顔にしたいという気持ちが生まれてきました」と言い切った。

同作は、あらゆる日本文学作品がそろう架空の図書館が舞台のオリジナル作品。文学への並々ならぬ熱意にあふれる司書の橋本と、感性で日本文学に触れる読書家の俳優新納慎也(45)が、時空を超えた文学の旅に出る。数々の名せりふを朗読し、音楽に乗せて各作品を立体化していく。歌と音楽を融合した新しい朗読劇だ。

新型コロナウイルス感染拡大予防対策のため、政府や東京都などから示されたガイドラインに則り、座席は前後左右を1席空けるなどの処置がとられる予定という。客席数も半分程度になる。