見え始めた暗殺計画の動機/「24」15話あらすじ

テレビ朝日系連続ドラマ「24JAPAN」(金曜午後11時15分)が第15回を迎えます。女性首相誕生に期待が高まる総選挙当日に発生する緊急事態に立ち向かうテロ対策ユニット班の活躍を描きます。第15話のあらすじを紹介します。

   ◇   ◇   ◇

テロ集団から命を狙われている総理候補の朝倉麗(仲間由紀恵)が突然、CTU(テロ対策ユニット)第1支部を訪れ、今すぐ第1支部A班の元班長、獅堂現馬(唐沢寿明)に会わせるようにと要求した。麗は、数時間前に暗殺されかけた際、現馬が自分の命を救おうとしてくれたとはつゆ知らず、現馬こそが主犯だと思い込んでいた。

麗と対峙(たいじ)した現馬は、真摯(しんし)に誤解を解き、自分たち2人と今回の暗殺計画をつなぐ「起点」と思われる、7年前の「夜のとばり作戦」について回顧する。そんな中、思いもよらなかった暗殺計画の動機が、あの作戦の裏側に隠されていたことに気づく現馬と麗。

2人は、麗の指名で「夜のとばり作戦」の指揮を執ったCTU大阪支部の番場衛二(六角精児)に連絡を入れ、連係プレーで麗の暗殺計画に関する情報をかき集めようとする。

一方、テロ集団の黒幕、アンドレ林(村上淳)の弟であるアレクシス林(武田航平)は、麗の選対スタッフの真行寺三保(皆本麻帆)に甘いわなを仕掛け、刻一刻と変化する麗の行動予定情報を極秘に入手。アンドレに向かい、今日中に麗を暗殺すると宣言する。

その頃、現馬によってテロ実行グループのアジトから救出された妻六花(木村多江)と娘美有(桜田ひより)は、A班チーフの水石伊月(栗山千明)らに警護され、隠れ家へ移動。まもなく六花の腹痛の事情についても分かるが…。