香取慎吾「家族の魅力感じて」仮装大賞が無観客開催

  • 萩本欽一(左)と香取慎吾

日本テレビ系「欽ちゃん&香取慎吾の第98回全日本仮装大賞」(2月6日、午後7時)が史上初の無観客開催となることが23日、分かった。

79年に始まり、98回目となる「全日本仮装大賞」だが、コロナ禍を鑑みて、史上初めて無観客での収録となった。

一般の参加者がアイデアを生かし、ひとつの作品をゼロから一生懸命作り上げ、披露する同番組。今回は、出場者、出演者・制作スタッフの健康と安全を第一に考え、1人で行う作品と、同居する家族だけの作品募集となった。

最年少5歳の少女から、最高齢70歳夫婦まで、想像を超えるハイクオリティーな作品、家族愛を感じる作品と審査を勝ち抜いた精鋭25組がそろっている。

萩本欽一(79)は「お客さん無しは今までやった事がないけど、いざやってみたら、これはこれで意味のあるものだった。見ているだけで幸せ」とコメント。

香取慎吾(43)は「応援の方々も含め、家族の魅力を感じながら皆で見て下さい!」と呼び掛けた。