岩崎容疑者は伯父、伯母と暮らす 近所付き合い無し

28日午前7時40分ごろ、川崎市多摩区登戸新町の路上で、私立カリタス小学校(多摩区)のスクールバスを待っていた児童17人、大人2人の計19人が男に次々と刃物で刺された。小学6年の女児(11)と、別の児童の保護者の男性(39)が死亡し、3人が重傷。男は同市の岩崎隆一容疑者(51)で、児童らを襲撃後に自分で首付近を刺し、死亡が確認された。

岩崎容疑者が住んでいた川崎市麻生区の自宅前には50人近い報道陣が集まった。

小田急線で登戸から3駅。小高い丘の上にある自宅は、警察関係者が出入りするものの、雨戸が固く閉ざされたまま。近所の人によると、病がちの老夫婦が住んでいるというが、実の親ではなく、岩崎容疑者にとって伯父、伯母にあたるという。

岩崎容疑者は近くの公立小・中学校を卒業した。細身でおとなしい子どもだったという。ただ、成人してから姿を目にした人は少なく、小中学時代、同学年だった息子がいるという近所の人は「小さいときに見たきり」と話した。自宅は一般紙2紙、スポーツ紙1紙を取っているが、新聞配達員も「1度も見たことがなかった」と話した。ただ、古紙回収の時に新聞だけでなく、少年漫画誌も出していたので、老夫婦以外にも誰か住んでいると思っていたという。

午後8時前にはいす2脚、蚊取り線香2つ、虫よけスプレーを持った捜査員3人が自宅に入り、9時ごろに出て行った。

その他の写真

  • 登戸駅入口バス停前に生々しく残る血痕(撮影・河田真司)