北海道遊釣倶楽部大会 アブラコ21人全員好釣果

<フィッシング道>

北海道遊釣倶楽部の大会が17日、日高方面様似港~えりも岬漁港で21人が参加して行われた。曇り、風と波は1メートル程度、ポイントによってウネリを伴う中、参加者は思い思いに釣り座を構えた。

優勝は東洋に入釣した武市毅さん。夜が明ける前からカジカやアブラコをゲットし、幸先の良いスタートを切っていた。明るくなってから通称わし岩に渡り、アブラコを連発。その後も、身長賞となる大型カジカを追加し、高得点に結び付けた。魚影が濃いポイントとはいえ、見事な腕前を披露した。

2位はリポーターの藤本康隆で、幌満に狙いを定めた。3本目の竿(さお)をセットしていると、早速1本目にアタリがあり、リールを巻き始めた。すると、隣の竿にもアタリがあり、うれしい悲鳴。慎重に取り込むと、どちらもアブラコがダブルで掛かっていた。さらに、3本目の小さなアタリに合わせると、ズシリと重い手応えが。こちらは、50センチ超のカジカだった。

3位はゲスト参加の樫山寿治さんで、オノドリで竿を振った。投げてすぐにアブラコが入れ食いで釣れ、休む暇もないほど。カジカを狙って投げる角度を変えても、次から次とアブラコが掛かった。

上位入賞者は開始時間から30分前後で審査基準をクリアし、余裕の釣行となった。ただ、アブラコの他に大型カジカを加えた人が順位を上げた。当日は全員が好釣果となり、顔をほころばせていた。【リポーター・藤本康隆=46】

成績▽総合(2身+5匹) (1)武市毅1721点(2)藤本1633点(3)樫山1576点(4)高橋1514点(5)小畠1447点▽身長 武市カジカ51・6センチ