お台場の五輪シンボルが撤去 延期受け安全点検

  • 安全点検・メンテナンスのため、お台場海浜公園から移動する五輪シンボル(撮影・鈴木みどり)

東京オリンピック(五輪)に向けて東京・お台場海浜公園の海上に設置されていた五輪シンボルが6日午前、撤去された。

五輪ムードを盛り上げるために、開幕まで半年の1月24日に設置。大会の1年延期を受け、安全点検とメンテナンスのために横浜市内の工場に一時移動した。

横約33メートル、縦約15メートル、重さ約69トンの巨大モニュメントは、50メートル×18メートルの台船ごと他の船にけん引されて移動。溶接部分などの劣化チェック、ライトアップの確認などは、4カ月ほどかかる予定。都の関係者は「早ければ12月初旬に再設置される」と説明した。