森保監督「動く質変わった」札幌鈴木武蔵の成長評価

<明治安田生命J1:札幌1-1東京>◇第24節◇24日◇札幌ド

日本代表の森保一監督(51)が北海道コンサドーレ札幌-FC東京戦を視察した。

3月に代表初招集した札幌FW鈴木武蔵は、後半2分に放ったシュートで同点弾を呼び込んだ。スピードを生かした抜け出しでチャンスを作る場面もあった。「動く質が変わった。ミシャさん(ペトロビッチ監督)のもとでやって、攻撃の全体的なクオリティーは間違いなく上がったと思う。彼が持ってる身体能力をチーム戦術のなかで出していると思う」と、成長にうなずいていた。

その他の写真

  • 札幌対東京戦を視察する為、札幌ドームを訪れた日本代表監督森保監督(撮影・佐藤翔太)