アントワープ三好康児が出国「五輪で金メダル目標」

ベルギー1部アントワープに所属するMF三好康児(22)が4日、一時帰国を終えてチームに合流するため成田空港から出発した。

帰国中は温泉に入るなどしてリフレッシュした。「五輪で金メダルを取ることが代表としての目標。まずはアントワープで結果を残したい」と、五輪イヤーの意気込みを語った。

U-23(23歳以下)日本代表は現在、U-23アジア選手権に参加するためタイ遠征を行っている。海外組はMF食野亮太郎(ハーツ)だけ。三好もまずは所属チームでのパフォーマンスに集中する。

痛みを抱えた右足首については「フルではないけど、徐々に良くなっている」と話した。ベルギーに戻ったあと、すぐに5日からスペインでの合宿に入る。シーズン後半戦に向け「タイトルを争える順位にいる。チャンピオンズリーグや欧州リーグに挑戦できる権利を取りにいきたい」と気持ちを新たにした。