浅田真央さんが錦織と“対面”米国での近況聞く

  • フロリダからリモートをつなぐ錦織圭と笑顔で会話する田真央さん(撮影・河田真司)
  • リモートで握手を交わす田真央さん(左)と錦織圭(撮影・河田真司) 

寝具メーカー「エアウィーヴ」の新商品発表会が都内で開かれ、アンバサダーを務めるフィギュアスケーターの浅田真央さん(29)、米・フロリダからはテニスの錦織圭(30)がリモート出席した。

「withコロナ」の時代の新しい生活様式にあわせた新たな販売戦略として、非対面接客の充実を進める同社。悩みなどを聞くリモート・コンシェルジュの販売員役として、米フロリダからオンラインで参加した錦織に対応した。

「お問い合わせしていただきありがとうございます」。「こんにちは錦織圭です」と始まった接客。約10年ぶりの“対面”となったが、体形測定システムを使い、最適な寝具パターンの情報を提供した。

米国でも新型コロナウイルスの影響が広がった。錦織は近況について、「最近は外にもようやく出られるようになっている。テニスの練習したり。すこしずつリラックス、息抜きで。すこしずつ普段の生活になってきています」と報告。浅田さんから「ゲームでテニスをされているのも見ました。ゲームもお強いんですね?」と聞かれると、「好きですね。この前はなおみちゃんと『マリオテニス』をしました。それもリラックスの一環で」と笑顔をみせていた。