速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ
ページメニューを飛ばす。コンテンツへ
TV全国番組表

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  あなたの隣の感染症
 

【第11回】

特別な治療法なし、早めの対策を

あなたの隣の感染症

予防接種のある感染症 はしか1

 2歳のR君は数日前から、熱が出て機嫌が悪く、水分も取らなくなってしまった。顔に赤いボツボツが出てきて、どうも普通の風邪とは違う様子だった。R君の口の中を見たお母さんは、口全体が赤く、歯茎やほおの内側にぶつぶつの白い発疹(しん)を発見し、ただごとではないと、小児科に駆けつけた。

 小児科の待合室はいっぱい。受付で症状を話すと、看護師さんの表情が少し緊張したようになり、別室で待つように指示された。医師の診断は、はしか(麻しん)だった。実はR君のお母さんは、はしかの予防接種を、うっかり忘れていたのだった。

 「はしかは、くしゃみや目やになど、風邪によく似た症状から始まります。熱が2〜3日続いた後に下がり、半日〜1日たった時再び発熱します。2回目の発熱と同時に全身に発疹が出てきます。口の中の白いつぶつぶは『コプリック斑(はん)』といい診断の決め手です」と東京都大田区大森の小児科医、宮下守医師は説明する。「このコプリック斑の出ている1〜2日が最も人にうつしやすく、また本人にとってもつらい時期です」。

 また発疹の出ている時期は肺炎、脱水症、中耳炎、ひきつけ、脳炎なども起こしやすいという。はしかにかかれば、特別な治療法はなく、抗体ができるまで1週間ほど安静にして、水分を取り回復を待つしかない。また、はしかは体力を使う病気なので熱が下がっても、3、4日の安静が必要だ。ボツボツは次第に色あせて、薄茶色のしみのようになりきれいになるまで、1〜3週間かかる。

 予防接種を受けていない1歳前後の乳幼児と大人のはしかが増えているのが最近の傾向だ。「昔の人が、はしかを“命さだめ”と言ったことからも分かるように、深刻な感染症です。必ず予防接種を」と宮下医師。任意接種なら1歳未満でも、もちろん大人でも受けられる。

【ジャーナリスト 月崎時央】

予防接種の副反応

 接種した人の約5%に1週間後に微熱が出ることがあるが1〜2日で熱は下がる。信頼できるかかりつけのお医者さんのところで早めに接種を受けよう。
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ