nikkansports.comホームへ

すべてのナビゲーションを飛ばす。コンテンツへ すべてのナビゲーションを飛ばす。コンテンツへ
共通ナビゲーションここから 共通ナビゲーションを飛ばす。サイト内検索へ 共通ナビゲーションを飛ばす。サイト内検索へ
記事一覧   スコア速報   スポーツカレンダー  最新ニュースをRSSで公開しています
サイト内検索ここから サイト内検索を飛ばす。ジャンルナビゲーションへ サイト内検索を飛ばす。ジャンルナビゲーションへ
サイト内検索 
Powered by Google 
click here!
ジャンルナビゲーションここから ジャンルナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ ジャンルナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ
nikkansports.com・ホームへ ジャンルナビゲーション
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ ライフページへ
 nikkansports.com > スポーツTOP > 後藤新弥 スポーツ&アドベンチャー
ページメニューここから ページメニューを飛ばす。コンテンツへ ページメニューを飛ばす。コンテンツへ
新聞購読の申し込みはこちら

click here!
スポーツTOP
ゴルフ
モータースポーツ
大相撲
NBA
NFL
NHL
ラグビー
新弥のDAYS'
おすすめコンテンツ
  ブログ&コラム
  TV全国番組表
  コンピ指数
  ショッピング
  サッカーメルマガ
  プレゼント
  占い−0学占星術
  映像配信


地域情報
  北海道
  東北6県
  静岡
  なにわWEB
  九州

後藤新弥 スポーツ&アドベンチャー
後藤新弥 スポーツ&アドベンチャー
コンテンツここから このページの先頭へ戻るこのページの先頭へ戻る
 2006年03月13日更新 | 新弥のDAYS' | バックナンバー |
10日午後1時48分、責任担当1時間を約束して、花巻市で風間君からたすきを受けた(長谷川文撮影)
写真=10日午後1時48分、責任担当1時間を約束して、花巻市で風間君からたすきを受けた(長谷川文撮影)

おやじ力走!つなぐ!!

平成国際大の陸上仲間と「日本縦断リレー」に挑戦!!

 平成国際大学(埼玉県加須市)の陸上仲間8人が卒業記念に企画した冒険ラン「日本縦断リレー」は12日午後5時ごろ東京・大手町を通過した。6日午前6時に北海道宗谷岬をスタート、1人3時間ずつ担当して2930キロを走り続け、19日に鹿児島・佐多岬にゴールの予定だ。チーム名は地平線を意味するホライゾン、ゲスト参加あり。おやじも岩手県で1時間を担当して青春のたすきををつないだ。



花巻〜北上 10キロ「任せ!」

 「来ましたよ」。マネジャーの真下拓也君(22)が叫んだ。マイクロバスから降りて足踏みしてると、雪の残る国道4号を春風のような笑顔で風間悠平君(23)が駆けてくる。ラストスパートだ。「愛と夢を全国に」と刺しゅうしたたすきを外した。「頼みます」「任せ!」。午後1時48分、岩手県花巻市でおやじが受け継いだ。通常は1人1日1回3時間、目標30キロだが「ゲストだし、若いから1時間でいい」とからかわれ、北上市まで10キロの担当だ。

 薄日が差して気温は7度に上がったが、西風が強い。むき出しの腕に鳥肌が立つ。直前5日間で3キロ体重を落としたが、にわかランナーには1キロ6分ペースはかなり負担だ。それ以上にたすきの責任が重くのしかかる。1歩1歩を全国中継されているような気分がする。

 一方で、その真剣勝負が心地よくもある。自分のためではない、若者を応援しているのだという実感が、逆にああ自分も生きているんだという実感を呼び覚ます。走りは人のためならず。リレーランは不思議なスポーツだ。

 もっともおやじの場合は、言うこととやることに少しのずれがある。マイクロバスが先行して見えなくなったので、苦しくて歩きかけた。そういうときに限ってドラマが訪れる。地元のテレビで知ったのか、自転車の小学生に「大学の人、頑張って」と声を掛けられた。「おう」と答え、仕方なくペースをまた上げた。

 北上川の支流、和賀川の橋を渡るとようやく1時間、バスが待っていた。隠しておいた最後のパワーを振り絞る。歓声が上がる。横断幕まで用意してくれていた。秋田出身の佐藤久斗君(22)の両親が車を飛ばして応援に来ていた。次の西野公大君(22)が手を挙げている。ここまで通算910キロ、おやじの分も公式記録に残された。



スタートはマイナス2度

10日午後2時48分、和賀川の橋を渡り終え、次の走者西野君へ魂をリレーした
写真=10日午後2時48分、和賀川の橋を渡り終え、次の走者西野君へ魂をリレーした

 スポーツの本質は汗で伝え合うもの、どうせ取材に来るなら1時間分担当したらと、父兄に言われた。確かに、夢だ勇気だと美辞麗句で飾るだけではおやじも不本意だ。よし出迎えに行くよと、話が決まった。

 10日の金曜日、花巻で行き合った。常時誰かが走っている。バスの後ろで3人寝ていた。2人がカーナビを見詰め、次の走者は別のワゴン車で待機中だ。ボランティア7人が運転や連絡業務を担当している。互いの空き時間で風呂にも立ち寄り、洗濯もする。15人の民族移動だ。

 宗谷岬のスタートはマイナス2度だった。1走平田俊一郎(22)君は「ブリザードに襲われて何度もよろけ、横向きで走った」。2走の佐藤(公)君は凍った道で足を痛めた。バスから声援が飛んだ。「4年間で初めて仲間を意識した。感動した」。負担金は1人20万円。「菓子屋のバイトで14万円、残りは奨学金の余りを使った」(8走小磯秀治君=22)。それでも予算は足らず、全員に配る予定だった雪道シューズは26センチと27センチの2足しか買えなかった。それを回して走った。佐藤君の足は25・5センチだった。

 条件は厳しかった。せっかく距離を稼いでも、トンネルが夜間通行禁止で3時間も足止めされた日もあった。それでも初めての北の大地に興奮した。「誰もやっていない冒険ランだと思うと、トラブルも楽しかった」(5走中沢知之君=22)。「真夜中の緊張が気持ちよかった。大自然と真剣勝負しているみたいだった」(6走佐藤久斗君=22)。「やっと峠を越えて石狩平野を振り返ったとき、走り抜けた距離を実感して胸がいっぱいになった」(7走中沢優司君=22)。

 極寒のラン。「だからこそ、人の温かかさが心に残った」(3走風間君)。皆が口々に言う。軽トラのおじさんが1000円札を渡してくれた。おばあさんが手ぬぐいを1本くれた。夜中なのに地元の婦人がスープを熱くして待っていてくれた。羽幌の走友会の人が帽子をくれた。トラックがクラクションを鳴らすので怒っているのかと思ったら、激励だった。

 感激に涙を流して走った。涙が凍り付いたが、心は熱かった。足は加速した。



ゴールから先の道へ続く

 昨年末、誰かが「まだ何か、走り残した気がする」と言い出した。「考えたら、全員で一緒に何日も走ったことはまだなかった。何か一緒にやりたかった」(4走西野君)。箱根駅伝の予選に出た者もいる。1分29秒差で落ちた。その悔しさをぶつけたい気持ちもあった。計画に支援の申し出が集まったが、唐突だったこともあり、当然の向かい風もあった。事故が起きたら誰が責任を取るのだと。けれど若いエネルギーはもう走り始めていた。寮母さんがたすきを縫った。

 「実行まで悩み、苦しんだ。でもそれだけゴールの感動も大きいと思う」(真下マネ)。走り終えて23日の卒業式に出たら、2度と会うことのない仲間もいるだろう。けれど北から南まで、足跡は残る。大きな冒険の感動と、何かをやり残した悔しさの両方の思い出を、大切にしてほしい。それが佐多岬から先の道に、きっと生きる。


 ◆日本縦断駅伝HP http://www.geocities.jp/ju_dan2006/


著者の言葉
 ご愛読に感謝申し上げます。すべてにご返信ができないため、整理の都合上、nikkansports.comの本欄、マスター及び筆者個人アドレスでは、コラム内容に関するご感想などのEメールは、現在すべて受付を中止しております。お詫び申し上げます。下記にご郵送ください。
 また、他ページ、フォーラムなどへの転載は、引用を含めて、お断りします。ご協力に感謝いたします。
 【郵送宛先】 郵便番号104・8055 日刊スポーツ新聞社 編集局 後藤新弥

著者プロフィル
 後藤新弥(ごとう・しんや) 日刊スポーツ編集委員、59歳。ICU卒。記者時代は海外スポーツなどを担当。CS放送・朝日ニュースターでは「日刊ワイド・後藤新弥のスポーツ・online」(土曜深夜1時5分から1時間。日曜日の朝7時5分から再放送)なども。
 本紙連載コラム「DAYS’」でミズノ・スポーツライター賞受賞。趣味はシー・カヤック、100メートル走など。なお、次ページにプロフィル詳細を掲載しました。
【 詳細プロフィルへ
前のページへ戻る このページの先頭へ
日刊スポーツから | 広告ガイド | 会社案内 | 採用情報 | このサイトについて | お問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。