有吉辰也が昨年11月地元開設記念以来のG1優出を果たした。準決10Rは好Sを決めて3番手につけ、2周2角で2番手に浮上、3周2角で首位を奪って快勝した。

 車の動きもいいが、Sの切れもいい。「クラッチは切れる人のセット。だから切れんことはないと思って、3日目からSの切り方を変えた。良くなったですね」と笑顔で話した。通算13度目のG1優勝へ闘志を燃やしている。