優勝候補がフライングに散った。

4Rで1枠の毒島誠(37=群馬)が、コンマ02の勇み足。賞典除外となった。毒島は22年1月26日までの芦屋G1周年を走った後、30日間のフライング休みに入る。ただ、12月住之江SGグランプリは、出場資格の21年賞金ランク18位以内が確定のため、出場できる。

なお、来年2月に地元桐生で行われるG1関東地区選は出場できなくなった。