脇本雄太と坂井洋が準決で強烈まくりを披露した一方、2着とはいえ先行力を見せつけたのが11Rの清水裕友だ。

【向日町競輪・無料予想紙ニッカンPDF新聞】ここを押すと読めます

打鐘3角カマシでマーク小倉竜二には差されたが、他のラインを完封した。「今日は仕掛けられれば仕掛けたいと思っていた」。

後ろを中四国3車が固める決勝は、打倒脇本の1番手になる。