中村晃朋は3、1着で、4走オール3連対と手堅くまとめている。

「ターン回り系ですね。行き足、ターン回りは悪くない。ペラはこれまでとは違う調整。たまたまだけど、ヒットしてくれている」。

駆る20号機は複勝率31・9%以上に動いている。

3日目は8Rの1走で4枠。軽快なレース足を武器に、ポイント加算を目指す。

【下関ボート・直前レース予想】無料公開中!ここを押してチェック