大沢普司(53=群馬)は前走の江戸川で、21年6月戸田以来の優勝を飾って大村入りした。

手にした22号機には「気象条件が違うからだと思うが、ペラが合ってなかったので外周りからやる。特訓では一緒ぐらいで、下がることはなかった」とジャッジした。

2節前のG1周年に参戦した息子の風葵が3日目に転覆して途中帰郷しているだけに、代わりに父がリベンジに燃えるかと思いきや「いや、息子は息子。父ちゃんは父ちゃんで頑張るだけよ」と泰然自若の構えだった。