1予4Rの菊池岳仁は残り2周から飛び出し、吉沢純平の援護を受けて3着に粘った。

「練習と地区プロの疲労が残っていて、末が甘かった。伊東は好きなバンクなので、しっかりケアして2予に臨みます」。

デビュー以来、伊東バンクは勝利へのこだわりよりも、仕掛けの早さが目立つ。

2予10Rは特選を制した山田久徳と真っ向勝負だ。

【伊東競輪・出走メンバー表&担当記者予想】無料公開中!ここを押してチェック