高尾貴美歌が、初G1の悔しさを糧にする。

競輪祭女子王座戦では「ボコボコにされた」と悔しさを味わった。さらに、その後に体調を崩し、弱り目にたたり目の状況にある。

それでも予1・7Rは石井寛子に食い下がり2着。「病み上がりでどうかと思ったけどよかった」と、ホッとしていた。

予2・6Rまでに「いっぱい寝ます」と、体調を整え決勝へ向け力を爆発させる。