2予7Rの林慶次郎(26=福岡)は、大川剛の逃げを豪快にまくり、伊藤旭の2着に残った。「旭は何でもできるし、旭が前の方が良かったとは言われたくなかった。自分から前でやると言ったけど、いつもと違う緊張感がありました」。先輩の面目を保ち、表情に柔らかさが戻った。

今大会は、SS班や競輪祭組の欠場が相次いだ。「自力の強力なライバルが減ったし、ひそかに準決まではと思っていた。でも、ここまで来たら、決勝を狙います」と気持ちにも勢いが付いた。