9RレインボーカップA級ファイナルは、単騎の張野幸聖(23=和歌山)が、山本修平のまくりを追い込み、人気を背負った南関トリオの夢を砕いた。

上位3人がS級行きの切符をつかめる一発勝負は、やはり単調なレースでは終わらなかった。正攻法の望月一成-菊池竣太朗-菅原大也は全ツッパ(突っ張り先行)の構えだった。しかし、佐伯亮輔の巻き返しにてこずり、大西貴晃、山本が次々にまくってくる展開に、菅原が3着に入るのがいっぱいだった。

優勝した張野は「今のままじゃS級では通用しない。自分がこれなら勝てるというスタイルを見つけたい」と気を引き締めた。

来期もA級の予定だった山本は、「このチャンスをつかめて良かった」と特昇での初S級入りを素直に喜んだ。