ステージ4の肺がんから10月に復帰した鈴木龍之介(45=栃木)が、復帰後初の決勝進出を決めた。単騎で臨んだ準決4Rで、先行した南関ラインの3番手から直線鋭く中を割って快勝。引き揚げてくると「これって夢じゃないですよね?」と自分でも信じられないという表情を浮かべ「伸びた? (南関勢は)ラインではないし、早めに踏ませてもらいました。出来過ぎです」と目を潤ませた。

一時は命の危険さえあった状況からの劇的な復活劇だ。それでも「まだまだこれで満足せず、1戦1戦、感謝の気持ちを込めて走りたい」と言う。A級決勝11Rは埼玉ラインの3番手から、直線勝負で復帰後初Vを狙う。